簿記2級 合格率総合サイト

簿記2級 合格率

簿記2級合格率の本当のところ

様々なインターネットサイトを見ていると、簿記2級の合格率の側面だけ見て、 難易度を判断しているように感じます。

簿記2級の合格率が、「40%だから独学でも合格可能」、「10%台だから難易度が高い」など、 どれも客観性がなく、根拠もありません。
本当にこれらのサイトを作っている方は、簿記2級の内容を理解して言っているのか 疑問に感じます。

確かに簿記2級の合格率で、ある一定の難易度を読み取る事は出来ます。
少なくても合格率が1桁台で、簡単な検定ではないことは誰の目にもあきらからです。

しかし、簿記2級の合格率と言うのは、合格点に届けば、 周りの人数とは関係なく、誰でも合格してしまう検定です。

もしかしたら、その回によれば、受検者のレベルが低い事も考えられますし、 たまたま問題の難易度が高いこともあります。
また、得意不得意によっても難易度の感じ方は変わるはずです。

つまり、簿記2級の合格率だけで難易度を判断するのではなく、
簿記2級の検定の全てを理解した上で判断しなければいけないのです。

簿記2級の合格率を知りたい方は、 「私でも合格できるのか」「独学でも合格できるのか」など 気になってこのサイトに訪れたのだと思います。

結論から言うと、簿記2級は誰でも合格できる検定です。
司法試験や税理士のように、1部の方しか合格出来ない検定ではありません。

しかし、それにはある一定の努力が必要です。

少し勉強をかじっただけや楽な勉強法ばかり、模索している方では 到底合格することは出来ません。

そこで、このサイトでは、簿記2級の合格率を様々な角度から分析して、
実際にどのような勉強をすれば合格できるのか検証していきます。

とても興味深い内容になっていると思いますので、 全てのページに必ず目を通してください。
そして、簿記2級の真実を理解してほしいと思います。